いしかり市民カレッジ

トピックス

トップページ トピックス 講座13 『石狩川Ⅰ~北の大地の母なる大河』


トピックス

講座13 『石狩川Ⅰ~北の大地の母なる大河』

第2回「石狩川の地史~なぜ、ここに石狩平野があるのか」

2011/12/03

 12月1日(木)講座13『石狩川Ⅰ~北の大地の母なる大河』の第2回「石狩川の地史~なぜ、ここに石狩平野があるのか」を石狩市民図書館で行いました。講師は、いしかり砂丘の風資料館・学芸員の志賀健司さん、受講者は39人でした。

 志賀さんの今日のお話は
・川と平野
・石狩川はどこからくる?
・古石狩湾
・日本海か太平洋か
という命題です。

13-2-3.JPG○川と平野
平野は川が運ぶ土砂によって作られる。従って、石狩市内でも石狩川のある旧石狩市には平野があるが、大きな川のない厚田・浜益には大きな平野がない。
ここで、「石狩市の海岸線のラインはどこかヒチコックの横顔に似ていると思いませんか?」と志賀さん、なるほど、そう云われると・・・

13-2-7.JPG 石狩の平野を石狩低地帯の一部として断面をみると、石狩砂丘と紅葉山砂丘だけが小高くなっているだけであとはずっと平らになっている。また、花畔砂堤列やそこに融雪水がたまったプールに生息するキタホウネンエビ(石狩と下北半島でしか発見されていない)なども紹介されました

2011-12-013.jpgのサムネール画像○石狩川はどこからくる?
川から流れ込んだ土砂で茶色く変色した海や、河口の航空写真などの画像を見て川が膨大な量の土砂を運んでいることを実感。また、川は土砂だけでなく石炭やコハクなども運んでくる。
2011-12-012.jpgのサムネール画像石狩川は石狩岳に端を発し、長さ268㎞、流域面積14,330平方㎞、毎秒流量441立法m。北海道の雨の5分の1が流れ込ほどの規模で、その流路は、各山地の間を抜けて流れている。

13-2-15.JPGのサムネール画像○古石狩湾
・旧石狩市内からは6,000年前のホッキョククジラの骨が出土してかってこの地が海だったことを示している。さらに、多量に出土するプランクトンなどの微化石を調べると、プランクトンは海と川では生息種類が異なることから、そこが海だったのか淡水だったのかという当時の環境が分かるが、珪藻化石の移り変わりで、紅葉山砂丘の麓の環境が時代を経るごとに海水→汽水→真水と変わっていったことが分かる。
即ち、旧石狩市地域は6,000年前には海だった。
13-2-24.JPG・古石狩湾の誕生
古石狩湾の誕生は、2万年前の最終氷期から次第に温暖化して海水面が上昇したことによる。
古石狩湾はどこまで広がっていたか?→長沼にハマナスが生息しており、その地のマオイというのはアイヌ語でハマナスの実が多い所という意味であることから、長沼あたりまで海が広がっていたと思われる。石狩市内で云えば、紅葉山砂丘にもハマナスが生息している。
・古石狩湾は、なぜ消えた?
6,000年前を過ぎると気候が涼しくなって海水準が少し低下するとともに石狩川が運ぶ土砂により湾の入り口がふさがれて、古石狩湾は徐々に埋められていった。紅葉山砂丘は古石狩湾の痕跡である。

13-2-32.JPG○日本海か太平洋か
石狩から苫小牧方面までの地形を見ると、千歳地域が高くなっている。これは、4万年前に支笏火山が大爆発して、100㎞四方を厚さ10mも覆うほどの量の火砕流や降下軽石が流れだしたことによる。
また、北広島から南長沼にかけて東西の地質断面をみると谷になっていて、古石狩川の跡ではないかとも
思われ、これは、かって石狩川は太平洋に注いでいたが、支笏火山爆発による火砕流・降下軽石に遮られて日本海へと流れを変えたと考えると説明がつく。

13-2-42.JPGのサムネール画像 しかし、それに反する考え方もある。

 それは、プレートテクトニクスによると北海道は大陸側、太平洋側の両方から圧力がかかっているが、北広島から南長沼にかけての谷は川の跡ではなく、この圧力に押されて曲がったものではないか、という説である。この説によると、石狩川は最初から現在のように流れていたことになる。

13-2-48.JPGのサムネール画像どちらの説が正しいのかは、今は謎のままである。

☆もしも、石狩川が・・・
石狩川の流れについて、もしも、石狩川が太平洋に流れていたとしたら、苫小牧には平野が広がり、大都会になっていたかもしれない・・・と遊び心で想像してみるのもまた楽しい!

そして今日のまとめ

13-2-52.JPG 志賀さんのお話で、この地域の川、平野、海に起こった、数万年前からの出来事を詳しく知ることが出来ましたが、お話の中で時折志賀さんの探求心を垣間見ることも出来て、その点でも大変面白い講座でした。




CONTENTS コンテンツ

カレッジ生募集中 E-mailでお問い合わせはこちら

いしかり市民カレッジ事務局

〒061-3216
石狩市花川北6条1丁目42
石狩市公民館内
Tel/Fax
0133-74-2249
E-mail
kouminkan@city.ishikari.hokkaido.jp
このサイトは、さくらインターネットのサーバで動いています。

ページの先頭へ

ご意見・お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ